50代のMR転職 -50代で転職は可能なのか?!-

 

昨今は、内外資製薬メーカー共に早期退職の実施が盛んです。

そのため、早期退職制度に沿って退職された50代MRの方が、

MR転職市場に多く溢れているようです。

さて、そのような50代のMRの方は、実際に転職先はあるのでしょうか。

現実的な例を挙げつつ見ていきたいと思います。

 

50代でMR転職は可能なのか? -製薬メーカー求人は皆無-

MR
今52歳で、今回の早期退職に応募しようと思っているのですが、次の転職先が見つかるか不安で…。
実際のところ50代で転職先はあるものでしょうか?
実際のところ、無くはないですが、かなり厳しいと覚悟下さい。
残念ながら、製薬メーカーへの転職はほぼほぼ諦めた方が良いです。
MR
やはり50代で製薬メーカーへは厳しいですかぁ。。。どこも採用どころか早期退職させていますものね。。。
そうですね。GEメーカーなども含め、製薬メーカーでの勤務は難しいとお考え下さい。

コントラクトMRとしての可能性は? -甘くない現実-

MR
では、コントラクトMRとしては転職可能でしょうか?
可能性としてはあります。
ただし、50歳以上の方はいずれのCSO企業においても雇用形態が「契約社員」となります。この点は、事前に覚悟しておかねばなりませんね。
MR
契約社員雇用ということは、一年契約で更新していく形ですか。。。なかなかコントラクトMRであっても厳しいのですね。。。
コントラクトMRの場合、
・雇用形態:契約社員雇用
・年収:550万円〜750万円が相場
となりますので、この辺りの条件面も頭に入れておかないとです。
MR
厳しいですが、仕事がないよりはましですので、覚悟しておきます。上積み退職金もありますので、なんとか仕事がある内はMRとして仕事を全うしたいですね。

転職せずに現職ステイした場合の未来は?!

MR
では、転職しても厳しそうですので、今回は早期退職せずに現職にステイして留まった場合どうでしょうか?
一時的な危険回避にはなると思います。同じような考え方で現職に留まる方も多いでしょう。
ただし、会社側としては退職金を上積みしてまでいわば辞めさせたい意図が強いため、また翌年、翌々年と早期退職の実施を毎年のように促す可能性もあるでしょう。その時は、上積み退職金も5年→3年→1年半と減額される場合もあり、さらには、自分自身年齢を重ねてしまうためより転職は厳しい状況に追い込まれてしまいます。
MR
残るも、辞めるも前途多難ということですね。。。

 

厳しいことを列挙しましたが、

このように50代のMR転職は非常に厳しいということを念頭に置いて下さい。

 

また別の機会で書かせて頂きますが、

製薬メーカー各社が早期退職を実施している関係で、

同じ会社、同じ年齢、同じキャリアの方々同士で、

限られた求人枠を争うことにもなってくるのです。

以上、今回の転職コラムでした。